デュアルトークンエコノミー: CENNZとCPAYの解説

This article was first published on Centrality - Medium
-----

CENNZnetでは、開発者、ユーザー、トークンホルダーがネットワークを最大限に活用できるよう、独自のデュアルトークンシステムを採用しています。 これは、トークンがどのように機能し、それがどのようにエコシステムに利益をもたらすかの背後にある経済学について再確認するものです。

CENNZnetには2つのトークンがあります。

CENNZはステーキングトークン

  • ネットワーク内の主なバリデーショントークン。
  • CENNZはバリデータとしてCENNZnetに参加するために必要で、ネットワークの安全性確保とガバナンスに貢献することが出来ます。

CPAYはスペンディングトークン

  • CPAYは、ネットワーク上での取引手数料の支払いに使用されます。
  • ステーキング(バリデーター、ノミネーター)の報酬としても使用されます。
  • スペンディングトークンはステーブルで、CENNZnetで運営するユーザーや企業が予測可能なように設計されています。

なぜトークンが2つあるのか?

私たちの意図は、CENNZnetを可能な限り有用なものにすることにあります。どうやってやるのか?私たちは、ユーザーが採用したくなるような素晴らしいアプリケーションを構築するために、開発者が使いたいと思うようなネットワークを構築しています。

そのため、トークンエコノミーは開発者を念頭に置いて設計されています。アプリを作っている場合、コストが予測可能なことで、どのようにして利益を出していけばいいのかがわかるようになっています。 一般的なブロックチェーンシステムでは、開発コストは非常に変動しやすく、外的要因に左右されるため、先の計画を立てることが難しくなっています。 例えば、アプリケーションを構築していて、アプリケーションとは全く関係のない理由でネットワークが混雑してしまった場合、アプリの実行コストが上昇してしまいます。 このようなコスト面での不都合は避けたいもので、予測可能なコストと最適な利用方法の両方を実現する方法があると考えています。

開発コストを安定させるために、ネットワークのセキュリティを維持し、取引を継続させるためのCENNZと、ネットワーク上の取引コストに使用される安定したガストークンとしてのCPAYの2種類のトークンを使用しています。 これら2つの機能を分離することで、開発者がCENNZトークンの価格上昇を気にすることなく、一貫した価格モデルを持つことができるようになりました。

CPAYはどうやって安定した状態を維持するのか?

CPAYは、非常に単純な需要と供給の経済学を用いて、安定した価値を維持することができます。

  • より多くのネットワーク活動(需要)があると、より多くのガスが使用され、より多くのCPAYミント(供給)が行われます。
  • ネットワークの活動(需要)が少ないと、ガスの使用量が少なく、CPAYのミント量が少なくなります(供給)。

需要と供給が一致しているので、時間の経過とともに価格が安定します。

これは、市場のどのような製品にも当てはまります。例えば:

もし誰かが米を買いたいと思うたびに、米が手に入ったとしたら、値段は変わらないでしょう。人々が米をあまり必要ないと思っていて、それでも米の生産量が多かった場合、人々は米を捨てるだろうし、価格も下がります。 しかし、需要の減少に合わせて米の生産量が減った場合、価格は変わりません。

今は安定するまでに時間がかかるでしょうが(他の新しい市場と同様、不安定になる可能性があります)、流動性が高まるにつれて安定するはずです。

このシステムは、ステーカーとユーザーの両方にメリットがあります。:

  • ステーカー: ネットワークの需要が高いときには、より多くのCPAYがミントされ、それはステークされたCENNZ毎のCPAYブロックの報酬が高いことを意味します。つまり、CENNZ毎のCPAYブロック報酬が高くなります。
  • ユーザー: 需要が増えてもCPAY単価は安定しているはずです。

なので、手数料が安く、CENNZあたりの利回りが高いといった、両方のメリットを享受することができます。

セントラリティの技術の進歩についての最新情報は、Twitter, Telegram, LinkedIn, Facebook, Instagramをフォローしてください。


デュアルトークンエコノミー: CENNZとCPAYの解説 was originally published in Centrality on Medium, where people are continuing the conversation by highlighting and responding to this story.

-----
To keep reading, please go to the original article at:
Centrality - Medium

Comments (No)

Leave a Reply