10月ニュースレター

This article was first published on Centrality - Medium
-----

最高経営責任者のAaron McDonald氏が、この1カ月間の主な進展を共有いたします。Centralityのエコシステムの進展に関する最新情報を得るには、TwitterおよびTelegram Announcementsチャンネルをフォローし、CentralityのOfficial TelegramInstagramReddit、およびFacebookのコミュニティに参加してください。

今月もまた、セントラリティベンチャーにとって忙しい月でした。 CENNZnet、Centrapay、Sylo、Trackback、CentraPass、CarbonClickの最新情報です。

CENNZnet

CENNZnetのトークンスワップコントラクトは正式にクローズしました。私たちの献身的なコミュニティのおかげで、移行コントラクトには8億3100万以上のCENNZが送られ、大成功を収めました!

チームは現在、新しいCENNZnetネイティブトークンのミンティング作業や、取引所の移行作業に取り組んでいます。このプロセスは非常に順調に進んでおり、私たちは、取引所がスムーズでシームレスな移行を実現することができるように注力しています。取引所が新しい取引ペアを追加した後、トークン保有者への公式な返却日を発表することができるようになります。

約束通り、今年のクリスマスまでにはパブリックステーキングが開始予定です。現在、CENNZnet特有のステーキングプロセスを説明するための詳細なガイドをいくつか準備しており、皆様がどのように参加できるかを説明する予定です。

その他のCENNZnet関連ニュースでは、最新のCENNZnetバージョンのネットワークで動作するAPIバージョン1.3.0-α.2をプレリリースしました。セキュリティが向上しただけでなく、新しいAPIは必要な設定が少なくて済むため、コミュニティ開発者がアプリを簡単に統合できるようになります。

また、新しいAPIに基づいたCENNZnet UIの新バージョンを準備しており、準備が整い次第、 cennznet.io にデプロイされる予定です。

Centrapay

今月のセントラペイのビッグニュースです。 チームはVerifoneと提携し、ニュージーランドの企業が一般的に支払うトランザクションごとの手数料を取り除く新しい非接触型決済プラットフォームを提供していきます。

消費者と加盟店は、非接触型のNZD支払い、Giftstationギフトカード、デジタル資産の受け入れ、Grab Oneクーポンの利用、製品やサービスのフィードバック、カーボンオフセット、ロイヤルティプログラムの利用、アンケートの送信や参加、デジタルIDソリューションの利用などを、すべてリアルタイムで行うことができます。これらは全て、アプリと、Verifoneの決済デバイス上のQRコードを使用して行われます。

詳細はこちら。

Sylo

もうすぐSyloが行う予定のリリースは、これまでで最もエキサイティングなプロダクトである「Oya Launch」です。 Sylo Smart WalletのようなアプリをサポートするSyloネットワークインフラストラクチャの全面的な再編成であるOyaは、Syloネットワークのビジョンを実現するための非常に重要な部分を実現しています。

Oya Launch後、ユーザーは独自のSylo Nodesを作成し、コミュニティに独自の通信インフラを提供することができるようになります。 その結果、数百万人のユーザー、トランザクション、アプリ、ビジネスをサポートするために拡張可能なネットワークが提供され、Syloスマートウォレットでは、高速でスムーズ、完全に分散化されたユーザー体験が実現し、中央集権型のメッセンジャーに対抗することが可能になります。この非常にエキサイティングな開発セットのリリースが間近に迫っているのでご期待ください。

Trackback

トラックバックチームは、NZの第一次産業向けのPLUGフレームワークをベースにしたブロックチェーンコンソーシアムの結成に成功しました。コンソーシアムであるTrust Alliance NZ (TANZ)には、Federated Farmers, Silver Fern Farms, GS1, Sanford NZ, Ports of Auckland, Potatoes NZ, ANZ, Foodstuffs North Island, ANZ, Eagle Technologyなどを含む23のメンバーが加盟しています。TrackBackは、TANZの駆動装置、ファシリテーターであると同時に、キーネットワークプロバイダーでもあります。

TANZのデジタルプラットフォームは、ニュージーランドの生産者、輸出業者、小売業者、消費者が、信頼できるデータを簡単に共有できるようにし:

  • NZの第一次産業の国際競争力と国内競争力を維持・強化、
  • 消費者が食品の出所を理解し、保証されていることを確認し、
  • 現在のデータの相互運用性の問題を解決し、市場のコストと摩擦を減らし、すべての参加者にとってより大きな価値を創造します。

ニュージーランドの農家とトラックバックの活動については、こちらをご覧ください。

TANZは、11月23~24日にウェリントンのTe Papaで開催される第一次産業サミットで正式に発表されます。

CentraPass

ニュージーランド(Aotearoa)のデジタル・アイデンティティにエキサイティングなことが起こっています。セントラパスチームは、11月4日に開催されたデータコム主催の「Trust Aotearoa Hui」のために、様々な代表者を集めました。このイベントは、DIAのInterim Trust Frameworkのパイロットプログラムを支援する Trust Aotearoa Identity Consortiumのオンライン立ち上げに続いて行われました。

Centralityと共に、オークランド協議会、エアニュージーランド、AUT、データコム、Zeald、Genesis、デジタルアイデンティティNZ、インターネットNZ、Minter Ellison、ASBなどの代表者が参加し、この動きのコアバリューや戦略についてのコンセンサスを得ることを目的とした非常に有意義な会議となりました。彼らのビジョンは、Aotearoaの人々の神聖なアイデンティティであるタオンガをめぐる自己決定です。 来年、この組織が正式化され、ワークストリームをキックオフすることで発展していく事を楽しみにしています。

CarbonClick

CarbonClickチームは、「Climate Friendly Teams」製品のローンチ準備に追われています。 このエキサイティングな新しいオプションは、企業が自身の影響を理解し、カーボンフットプリントをオフセットするのに役立ちます。MVPのベータテストでは、Centralityとチームが重要な役割を果たしており、MVPに命を吹き込むために必要なフィードバックを提供してくれました。

また、CarbonClick の CEO David Rouse が TVNZ Breakfast TVと今月の NZ Business magazineの両方で紹介されるなど、宣伝には絶好の月となりました。

Centralityのエコシステムの進展に関する最新情報を得るには、TwitterおよびTelegram Announcementsチャンネルをフォローし、CentralityのOfficial TelegramInstagramReddit、およびFacebookのコミュニティに参加してください。


10月ニュースレター was originally published in Centrality on Medium, where people are continuing the conversation by highlighting and responding to this story.

...

-----
To keep reading, please go to the original article at:
Centrality - Medium

Comments (No)

Leave a Reply