2021年: CENNZnetで来年は何が起こるのか?

This article was first published on Centrality - Medium
-----

2021年: CENNZnetで○今年は何が起こるのか?

2020年はCENNZnetにとって大きな年でしたが、この先にあるものに比べれば大したことはありません。メインネットが稼働し、ライブトークンがネットワーク上に登場し、パブリックステーキングの開始も控えている2021年はCENNZnetで最もエキサイティングな年になりそうです。

コミュニティこそがCENNZnetの原動力であり、完全に分散化されたネットワークに向けて進む中で、共に成功するために皆様の力が必要です。 そのため、完全な可視化へのコミットメントに沿って, 来年の戦略的方向性の具体的な内容をご紹介したいと思います。

では、2021年のCENNZnetはどうなっているのでしょうか?

主な目的

メインネットの立ち上げと移行が完了したことで、CENNZは完全に統合され、CENNZNetブロックチェーンの動力として直接使用することができます。2021年の主眼は、私たちのパートナーネットワークや、私たちが構築してきた技術を活用したいと考えている新しい開発者がCENNZnet上で構築する高品質なDAppsの数を増やすことです。なぜここが焦点なのか?何よりもまず第一に、CENNZnetの中核はブロックチェーンであり、分散型アプリケーションのエコシステムをサポートするために設計・構築されているからです。 私たちは、素晴らしいアイデア、素晴らしい技術、素晴らしい分散型コミュニティを結集することで、データ、プライバシー、生活のコントロールを取り戻し、すべての人にとってより公平な未来が創造できると信じています。

高品質のDApps(Syloのような)をネットワーク上に増やすことのもう一つの大きなメリットは、より多くのトランザクションにつながるということです。デュアルトークン報酬システムの中では、ネットワーク上での取引が多いほど、ステークキングコミュニティにとってより高いCPAY報酬が得られることになります。これはコミュニティに利益をもたらすだけでなく、$CENNZの知名度と将来の需要を高めることにもつながります。

どのようにして実現するのか?

大きな夢には大きな計画が必要です — そして幸いなことに、私たちはその両方を持っています。

私たちの新しいコミュニティ開発者チームがより多くの高品質Dappsを獲得する動きを主導していきます。彼らは、CENNZnet独自の利点を開発者コミュニティに伝え、私たちのネットワーク上で構築したいと考えている人たちをサポートすることを主な目的としています。また、エコシステム中の、現在「ブロックチェーン対応」ではない既存のベンチャー企業が、より早くブロックチェーン界に進出できるようにする上でも重要な役割を果たしてくれるでしょう。

新しいDAppsスーパーグループに加えて、私たちは以下のような戦術的な成長のためのさまざまな取り組みを推進していきます。

  • イベント: ニュージーランド国内外の小規模・大規模イベントへの出展。
  • オンライン学習の機会: 新しい DApp開発者をサポートするためのチュートリアル、インタラクティブなアクティビティ、徹底した技術文書を作成します。
  • 助成金と報奨金: オープンソースコミュニティを受け入れるための助成金プログラムと報奨金プログラムを継続、さらに増加させていきます。
  • 広範なパートナーネットワークを活用して、新しい体験を活性化する
  • 教育キャンペーン: CENNZnet上で優れたDAppを作成するために利用可能なリソースを最大限に活用する方法や、技術の基礎について開発者コミュニティを教育するために、常設のリソースセットを確立します。
  • 流動性を高める:開発者にとって魅力的な構築環境となるためには、CENNZがより多くの場所で取引できるようにすることが重要です。
  • デジタル啓蒙キャンペーン: 幅広いデジタルキャンペーンを実施し、CENNZnetのブランド認知度を高めます。

コミュニティが夢を可能にする

私たちはCENNZコミュニティに感謝の気持ちを忘れたことはありません。 皆様のご支援がこのプロジェクトの原動力であり、最終的にはそれがこのプロジェクトの成功につながると信じています。 来年はどんな年になるのか、とても楽しみにしています。皆様にCENNZnetの宣伝にご参加いただき、ネットワークが力強くなっていくのを見守っていただければと思います。


2021年: CENNZnetで来年は何が起こるのか? was originally published in Centrality on Medium, where people are continuing the conversation by highlighting and responding to this story.

-----
To keep reading, please go to the original article at:
Centrality - Medium

Comments (No)

Leave a Reply