CENNZnetの旅 パート2: パブリックステーキング

This article was first published on Centrality - Medium
-----

CENNZnetでパブリックステーキングが開始されようとしています。 CENNZnetでCPAY報酬を獲得し、ネットワークのセキュリティを向上させ、ネットワークのガバナンスに参加するために、ステーキングのプロセスと、CENNZnetでのステーキング方法の細かい部分に触れていきましょう。

コンセンサスメカニズムの紹介

これからステーキングの第一歩を踏み出す人にとっては、そもそもなぜそのシステムが存在するのかを正確に理解することが重要です。

PoSやProof of Stakeはコンセンサスの仕組みです。コンセンサスメカニズムとは、ブロックチェーンネットワークで使用されるシステムで、分散型システム間で、単一のデータ値やネットワークの一部についての合意(またはコンセンサス)を達成するために使用されます。言い換えれば、正しい取引と正しくない取引をみんなで合意することで、誰もブロックチェーン台帳を改ざんしていないかどうかを確認するということです。 私たちは、台帳に入るものと入らないものを決定する単一の権限を持っていない(または必要としていない)ので、これは自己規制型の分散型コミュニティにとって本当に重要なことです。 堅牢なコンセンサスメカニズムにより、公正、正確、安全なブロックチェーンエコシステムを実現します。

Proof of Stake (PoS)、Proof of Work (PoW)、Delegated Proof-of-Stake (DPoS)、Proof-of-Authority (PoA)、Proof-of-Importance (PoI)など、ブロックチェーンで使用されているコンセンサスメカニズムには様々なものがあります。最も一般的なものはPoWとPoSです。

Proof of Workはビットコインで使用されており、ブロックチェーンが機能することを可能にするための最初のコンセンサス方式でした。それ以来、Proof of StakeはPOWアルゴリズムに代わる低コスト、低エネルギー消費の代替として開発されてきました。

PoSステーキングとは?

ステーキングとは、ネットワークセキュリティの担保として機能するために、特定の暗号通貨のウォレットに資金をホールドするプロセスです。ほとんどのステーキングシステムでは、すべてのノード・オペレータ(多くの場合、他のトークン・ホルダー)が、ウォレットにトークンを保持するか、またはステークする必要があります。これは、自分たちの検証責任を正しく遂行するための「約束」に正当性を加えるためです。彼らが正しく職務を遂行し、他のすべてのノードオペレータがこれを確認できた場合、ステークが返され、報酬が与えられます。しかし、ノードオペレータがその職務を遂行できない場合、彼らのステークの一部は取り上げられます。このようにして、すべてのノード運営者はブロックチェーンのために正しいことをすればインセンティブを得ることができます。

CENNZトークンが多くステーキングされるほど、ブロックチェーンプロトコルに正しく従うことに投資する人が増えるため、エコシステム全体の安全性が高まります。

CENNZnetへのステーキング

それでは、CENNZnetでのステーキングの具体的な内容を見ていきましょう。トークンエコノミーとは何か、バリデーターとノミネーターの役割、報酬とステーキングのメリットについて解説していきます。

CENNZnet Tokens

CENNZnetはデュアルトークンエコノミーで動作します:

  • CENNZ: ステーキングとガバナンスに使用されています
  • CPAY: ネットワーク取引やブロック報酬に使用されます

CENNZ

CENNZは当社のステーキングトークンでブロック報酬とは別です。つまり、ネットワークの利用コストに影響を与えることなく、価値を高めることができるということです。これは、開発者がアプリケーションの実行コストを予測し、先の計画を立てやすくするために重要です。

CPAY

CPAYはネットワーク内のガスであり、取引手数料の支払いや、ステーキングにおけるブロック報酬として使用されます。アルゴリズム的に安定した値を保つように設計されているので、安定した値を保つことができます。つまり、ネットワーク上でDAppsを作成する開発者は、アプリケーションのコストを簡単に予測でき、ステークホルダーはそのステークの価値を簡単に予測できます。CPAYは、実装当初はCENNZX取引所で取引可能、またはウォレット間で直接転送することができます。

自分の役割を選択する

CENNZnetでは、ステーキングに2つの役割があります。バリデーターとノミネーターです。

バリデーター

バリデーターは、ブロックチェーンのコピーを保存し、システムの安全性を維持するために特定の機能を実行しなければならないノードオペレータです。CENNZnetのローンチ時には12のバリデータスロットがありますが、この数はネットワークが成熟し、ガバナンスの決定がなされるにつれて増えていきます。

補足:ノードとは何か? フルノードは分散型ネットワークのサーバーのような役割を果たします。それぞれがブロックチェーン全体のコピーを保存し、取引を検証するために使用します。 彼らの主な仕事は、他のノード間のコンセンサスの維持とトランザクションの検証です。

また、フルノードは、ネットワークの将来のアクションを決定するための提案に対する投票にも参加しています。51%以上が賛成しなければ、その提案は実現しません。

バリデータは必ず:

  • ノードを実行
  • 自分たちのトークンの一部をステーキング。バリデーターは、10,000CENNZの最低基準値を超えるステーキングをしなければなりません。
  • ブロックを生成します。 そのためには24時間365日オンラインであることが必要です。
  • トランザクションを検証。
  • 他のバリデータの作業をチェックして、トランザクションが正しいかどうかのグループコンセンサスが得られるようにします。

上記の任務が正しく遂行されない場合は、バリデータのステーキングは切り捨てられます。

バリデーターは選出され、24時間その地位を保持します。24時間後には、次のバリデータのセットを選択するために再選挙が発生します。選挙はアルゴリズムによって実行されます。このプールの中から、要件を満たす最も高いステークを持つ者が、利用可能な役割を埋めるために選択されます。これは、バリデータがその地位を保証されることはなく、選出されるためにはより多くステーキングしなければならないことを意味しています。また、ノードオペレータがペナルティを受けることなく、メンテナンスのためにダウンタイムを取ることができることを意味します。

バリデーターはオンラインで、その期間は24時間ずっとソフトウェアを稼働させておく必要があります。これは、個人的に24時間物理的にタスクを実行する必要はありませんが、お使いのコンピュータはそうなるので、ノードを常にオンラインにしておくための監視の計画が必要になります。

ノミネーター

ノミネーターとは、CENNZトークンの保有者で、バリデータに自分のCENNZの一部をステーキングすることを選択した人のことです。選ばれたバリデータが正しく職務を遂行した場合、ノミネーターは結果として得られるCPAY報酬の一部を受け取ることになります。

...

-----
To keep reading, please go to the original article at:
Centrality - Medium

Comments (No)

Leave a Reply