CENNZnet 2020 一年の振り返り

のロックダウンを含む不安定な世界にもかわらず、セントラリティチームと当社のベンチャー企業は、変化するビジネス環境に迅速に適応してきました。懸命に働き、将来を見据えて、チームは私たちのロードマップに命を吹き込み続けています。

Kiwiの夏休みに向けて、この12ヶ月間に達成したマイルストーンを振り返ってみたいと思います。

Grant DAO’s

CENNZnetのコミュニティオーナーシップへのコミットメントに沿って、オープンソースコミュニティのためにいくつかのエキサイティングなGrant DAOの機会をオープンにしました。 長期的なビジョンとしては、Centralityが研究とビジョンに貢献し、コミュニティやベンチャーが徐々に実装を行う責任を負うという、Bitcoin Coreに近いモデルに移行していく予定です。

この目標と共に、私たちは2つのエキサイティングなプロジェクトを成功させることができました。:

  • UNcover Evolution: AzaleaをサポートするためにCENNZnet UNcoverエクスプローラを作成しました。
  • Transition Contract Project: EthereumとCENNZnet間でのERC20トークン移行のためのアプリケーションを提供しました。

今年の助成金の発表はこちら:https://medium.com/centrality/announcing-cennznet-grant-dao-funding-for-ecosystem-projects-ae2af8c9451b

取引所

CENNZトークンにとって大きな年となり、同月に3つの新しい取引所にCENNZが上場しました。ZB、MXC、Bithumbは現在CENNZを取り扱っています。これらの各取引所は、取引コンテストやAMAを開催し、CENNZnetのストーリーを彼らの豊富なコミュニティで共有し、韓国と中国で私たちのフォロワーを拡大しています。

新規フォロワーへのマーケティング

取引所の上場に合わせて、2020年には中国と韓国で積極的なマーケティングキャンペーンを展開し、グローバルなデジタルキャンペーンも実施しました。これらのキャンペーンの目的は、CENNZnetのブランド認知度を新規投資家に広げることであり、トークン価格と毎日の取引量を大幅に増加させる結果となりました。 トークンスワップの完了後、これらのキャンペーンを再活性化し、コミュニティをさらに成長させていく予定です。

メインネットリリースV1が公開されました。

アザレアネットワークは6月に無事ローンチされ、30万人以上のSyloユーザーをアップグレードしました。2017年の計画がこれほど強力に実行されているのを目の当たりにしたことは、どれほど素晴らしいことなのか、言い尽くせません。

CENNZnetは世界初のネイティブなパーミッションパブリックブロックチェーンであり、CENNZnetは優秀で安全なユーザーエクスペリエンスを提供します。私たちのメインネットは、アプリケーション同士をリンクして全体的なユーザー体験を向上させることができ、インチェーンのコアモジュールを完備しているため、DAppsが既存のユーザーにアクセスし、顧客基盤をより迅速に構築することができます。

経緯の詳細はこちら: https://medium.com/centrality/scotch-bonnet-complete-cennznet-v1-ready-for-release-a8fd101e782a

トークンスワップ

私たちのトークンコミュニティは、8月から10月の間に移行コントラクトにERC20トークンを送る機会があり、この8週間の間に8億3100万以上のCENNZがコントラクトにデポジットされました。これにより、ERC20とCPAYのトークン保有者は、メインネット上で初めてミンティングされたばかりのCENNZnetトークンを持つことになり、私たちのコミュニティは、ロードマップの次の段階であるパブリックステーキングとコミュニティガバナンスの準備が整います。

スワップのプロセスについてはこちらをご覧ください。: [Swap wrap up link]

2.0へのアップグレード

スワップと並行して、CENNZnetネットワークにいくつかのエキサイティングな展開がありました。 Pl^g(私たちのブロックチェーンフレームワーク)が2.0に移行し、CENNZnetチームは互換性のあるCENNZnetモジュールを用意しました。

今回のアップグレードにより、全体的なネットワークセキュリティが向上し、より正確な手数料をユーザーに提供できるようになります。 また、トランザクションが少し小さくなり、トランザクション処理がより効率的になり、APIがより使いやすくなります。これは、ライブトークンでメインネットを使うようになると特に重要で、フェデレーテッドすテーキングにも必要不可欠となります。

この移動により、PLUGnetを起動し、PLUGトークンをPLUGネットワークに移行するプロセスを開始することができます。PLUGチームは非常にエキサイティングなパートナーシップに取り組んでおり、ロードマップの更新と戦略の発表を行う予定です。ユーザーにとってPLUGをシンプルで安全で堅牢なものにするPLUGフレームワークのイノベーションを活用して、PLUGホルダーは非常に刺激的な新しい方法でDeFi空間に参加することができます。

CENNZnetにとって素晴らしい一年でした。チームは2021年がさらに素晴らしい年となる準備を順調に進めています。来年の計画についての発表に、引き続きご注目ください。

Centralityのエコシステムの進展に関する最新情報を得るには、TwitterおよびTelegram Announcementsチャンネルをフォローし、CentralityのOfficial TelegramInstagramReddit、およびFacebookのコミュニティに参加してください。


CENNZnet 2020 一年の振り返り was originally published in Centrality on Medium, where people are continuing the conversation by highlighting and responding to this story.

-----
To keep reading, please go to the original article at:
Centrality - Medium

Comments (No)

Leave a Reply